アパート経営+ビジネス起業で、目指せ百万石!

北陸は金沢の地でアパート経営に励む兼業サラリーマン大家の不動産投資日記  (最近はサラリーマン卒業→自営業への転身を考えているために不動産の記事は少ないかも)

平成不動産バブル崩壊! 放出物件激増の今が、不動産投資のチャンス!

無料レポート
平成不動産バブル崩壊! 放出物件激増の今が、不動産投資のチャンス!

を読みました。

下のアドレスから無料でダウンロードできます。

http://report-king.com/report_show/8053/


内容をかいつまむと、
「今年は不動産投資を始めるには大チャンスの年ですよ。」
という内容です。

終わりのほうには、
「何故利回りが低いのに競売物件を落札するのか?」
「素人の考えることはわからない」
書かれてあるますが、
私は著者さんの疑問に答えられます。


『最初は小さい金額で不動産投資の実践経験を積むため』
です。

最初は小さな失敗をしたくらいの方が、
最初の一歩を踏み出せずに終わるより良いと思っています。




まだ不動産投資を始めていらっしゃらない方へ >>

「成功してやろう!」
と決めたなら、お金をかけて優良な教材で勉強しましょう。

かの投資家けーちゃんはブログ上で、最初の勉強代は
「30万円」との目安金額と書かれていたかと記憶しています。

これから永続的な収入を得ていく訳ですから、
そのくらいの教材を買って「そろそろ実践で勉強かな」
と思えたら、
「1棟目からプロ不動産業者との競争を勝ち抜き絶好の物件を手に入れる。」

よりも
「比較的高利回りで、手ごろな価格で失敗しても再起可能な物件を手に入れる。」

方が良いと信じています。

競売で初めて物件を入手(2)

http://yukchan.dtiblog.com/blog-entry-2.html からのつづきです。

1年前に外壁の塗りなおしがあったそうで、
奇麗な外見に惑わされていました。

1階に空室があったので窓から中も確認しました。
奇麗な部屋でした。

事前にマンション管理会社に確認して危険性がないことを確認した上で
入札しました。正式な手続きを踏まずに動産撤去するつもりでした。

# 一ヶ月の管理費+修繕積立金が約2万円です。
# 正式な手続きを踏んでいては、賃貸に出せるまで私の財布からいくら
# 出て行くのかわかりません。

で、動産撤去後にクリーニング代数万円かければ
奇麗な部屋にもどって、すぐに賃貸に出せると考えていました。

・・・が、踏み込んでみると中は予想外の荒れようでした。
正直萎えました。

カード会社からの督促状、
残高ゼロの通帳&印鑑もたくさん、
公共料金未払いのお知らせもたくさん・・・

夜逃げマンション初体験はドキドキがいっぱいでした。

で、以下は予定していたリフォーム:
・丸くておしゃれなシーリングライト(ネットで購入)
・白いビニルクロス(ロール状態でネットで購入)
・TV付きドアホン(ネットで購入)

ドアホンは資格は持ってませんが自分で交換しました。
# ホントは電気工事の資格がないとやっちゃダメなんですが、
# 簡単なので自分でチャレンジしました。
# 事前に自宅の玄関で交換成功済み♪


で、以下が予想外のリフォーム:
・鉄線入りの防火ガラスがさびさび(要交換)
・動産撤去の際のミスかもしれませんが、
 エアコンのリモコンがない。
 → メーカーに問い合わせるが機種が古すぎて
  リモコンだけでは手に入らない。交換を決断。
・蛇口のパッキンがイカれてる。(要交換)
・台所のスイッチ部が壊れて配線むき出し(要修理)
・台所据付型のIH調理器が壊れている。
 (オール電化マンションなのでした。)
 → 据付型のため簡単な交換で済ますことはできません。
 最初は取り外して代わりに板をセットしてもらい、
 ホームセンターで買った安いIH調理器をその上に置いて
 その賃貸に出しました。
 が、やっぱりみっともない感じだったので予定を変更。
 (賃借人さんが決まらなければ元も子もないですしね。)

 やっぱり据付型IH調理器を設置してもらいました。
 (別途のリフォーム工事となったため工賃も高く付きました。
  が、これも良い経験です。・・・ orz)

ということで、
予定の倍以上のリフォーム費がかかってしまったのでした。


(3)へ続く

「優等生プアと劣等生リッチ」読みました。

「自分への投資が最も効率的な投資である。」
ということで、今日は
「優等生プアと劣等生リッチ」
を読みました。



ロバート・キヨサキ氏の有名な著書をパクったようなタイトルですね。

でもコチラの方が読みやすかったです。
日本語に訳す人がうまいんじゃないかな。


印象的なフレーズ(かなり自己流の解釈あり)は、
「ぐだぐだグチばかりいう友人とは縁を切れ!」
「お金持ちがなる前から、お金持ちがやるように他人に施せ。」
「安い店で食べるな。高級レストランで安いものをオーダーしろ。」
「とにかく値切って、合い見積もりを。」
「運気を高めるものを身につけよう。」
など、なかなかの良書でした。


そういえば、斉藤一人さんも
「金ピカのものを身につけよう」
と仰っていますね。

うちの近所に住む社長さんも金ピカブレスレッドをされています。


私の持つ運気グッズといえば、財布に入っている
大阪護国神社のおみくじについていた金色の恵比寿様くらいです。

もう少し目立つ何か身につけようと思いました。
(翡翠のブレスレッドでもどこかの神社で買おうと思います。)


また、最近の派遣切りに遭っている人たちは、
古舘伊○郎などの低俗な番組などのおかげで
大変な目にあっている面もあるよなぁと改めて感じました。

「金持ちが悪い!社会が悪い!」

なんて声高に叫んでいては、
いつまで経ってもみんなが幸せになる社会はやってきません。

みんなで少しずつ社会を豊かにしていきたいですね。

競売で初めて物件を入手(1)

初めての物件取得は昨年(2008年)の5月。
競売でのマンション一室の取得しました。

その頃、競売での物件入手の第一人者
藤山勇司氏
の書籍・DVDセミナーを読み漁っておりました。

で、藤山氏の教え通り、
「現金買いは、自動車教習でいうところの路上教習のようなもの」
「まず1戸目は現金で買おう。失敗しては元も子もない。」
「2戸目からはレバレッジをガンガンかけてやるぞ!」
と考えていました。


その藤山勇司氏が昨年立ち上げられた
不動産競売格付センター
に初めて載った物件が
私が買付けを入れ、落札した物件です。

以前は「最初は現金買い」との思いで、築古一棟モノや区分所有を探していましたがなかなか食指が動く物件は見つかりませんでした。


が、さすが競売物件!利回り10%以上、外観も奇麗、現金で買えるということで入札を即決!

入札価格をいくらにしようかはかなり迷いましたが、
「ここで不動産投資の路上教習へステップアップしなくては、
今後の成長が半年ずつ遅れていくかもしれない。」
と考え、絶対落札を祈念して
「利回り9.5%」の価格で入札、落札しました。


が、落札した部屋に入ってみると・・・

(2)へ続きます。


自己紹介

皆さんこんにちは!yukです。

不動産投資を始める多くの人と同様、
ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」を感化され、
豊かな老後を送るために不動産投資を始めました。

本業は年収400万円のしがないサラリーマン。

お給料を貯蓄にまわし、微々たる退職金をいただき、
お上からの年金をアテにするだけでは到底豊かな老後望めません。

サラリーマンは副業禁止。

私たちに残された合法的な手段は不動産投資しかありません。


======================

・収入も貯蓄が多くないのでいきなり1億円のマンションを
 買うための融資なんて引けません。

・中小企業の内勤なので
 平日に不動産屋さんや金融機関を訪ねるなんてできません。

・クビを覚悟しなければ、有給休暇なんて取れません。

======================



・・・でも、きっと必ず成功できる道があると信じています。


アリとキリギリスの話ではありませんが、
せっせと勉強する人だけ冬を乗り切ることができると考えています。

皆さん、一緒に勉強していきまっし!

 | HOME | 

Calendar

12 | 2009-01 | 02
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Appendix

百万石大家

百万石大家

 加賀藩の大きな米蔵があった小さなまちに住んでいます。アパート1棟(9戸)+区分所有1戸。稼働率100万石%で頑張ります。
 有給なんて取得できない(平日に金融機関をまわることができない)中小企業の間接部門勤務のため、まずは自営業への転身を図ります。