アパート経営+ビジネス起業で、目指せ百万石!

北陸は金沢の地でアパート経営に励む兼業サラリーマン大家の不動産投資日記  (最近はサラリーマン卒業→自営業への転身を考えているために不動産の記事は少ないかも)

契約完了

無事に残金支払いを済ませることができました。

アパートの登記を司法書士さんに依頼し、
契約は無事完了しました。

ふぅー。ほどよい達成感があります。


あとは、
アパートの掃除をお願いしたシルバーさんに
「掃除室に脚立と予備の蛍光灯を置いておいてくだされば
 蛍光灯が切れたときには替えておきますよ。」
と言われていますので
脚立と予備の蛍光灯を買って置いておこうと思っています。

それで一区切りかな。


「6月頃に不動産運が高い」という四柱推命占いも
当たったことになりますね。
(当たるように行動したからですが。)



今回のアパート購入は自分でも「成功」だとは思っていません。
(ネット上で有名な不動産投資家の方々はこんな物件は買いません。)

返済比率が高く、あまりキャッシュフローが回りません。
自己資金も減ってしまったのでまた今後こつこつと貯めなければなりません。

ただし購入に後悔はしていません。
出来が悪い私なりに確実に前進しているわけですから。

きっと2棟目は、1棟目より楽に見つけて購入できるでしょう。


しばらくは物件探しは行うつもりはありません。

それまで何をしようかな、ということろですが
今のうちに日商簿記2級の資格でも取っておこうかなと考えています。


今年はお蔭様で1棟買うことができました。今後もクリックで応援をよろしくお願い致します。

シルバーさんの活用


投資家けーちゃんさんの著書で「シルバー人材センターを活用せよ」
と載っていたので試してみたくなりました。


今までは比較的近くにお住まいの前のオーナーさんが
掃除されていらっっしゃったそうですが、
これからはシルバーさんに掃除をお願いしようかと考えました。

今後については
不動産仲介(兼管理)業者さんからクリーニング業者さんをご紹介いただける
とのおはなしもありましたが、ここは丁重に辞退させていただき
シルバー人材センターに連絡を取ってみました。


で早速、70歳代のかたにお願いすることに決まりました。

大変良い感じのかたなんですが、
ちょっと足元がフラフラなさっていらっしゃいました。

「本当に大丈夫かなぁ」と
今ちょっと不安がこみ上げてきているところです。


ま、どんなトラブルも大切な経験となりますので、
とりあえずはお願いしてみたいと思います。


今年こそ1棟を。クリックで応援をよろしくお願い致します。

小切手

公庫からの融資が無事実行されました。

翌日、近所の銀行で
アパートの残金支払用に小切手をつくってきました。
(会社が夏休みの日に行ってきました。)


生まれて初めて「小切手」というものを手にしました。
嬉しくなって、記念にスキャナでパソコンへ取り込んでみました。


「売主さんへのアパート購入代金支払いは銀行振込にできないのかなぁ」
と思ってググってみると同じように疑問に思うかたは他にもいらっしゃるようです。

不動産の代金支払い方法は小切手に限られるのか?(教えて!goo)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2002439.html


・・・なるほど納得しました。



公庫からの融資実行の翌日、
銀行の支店長補佐のかたが私の自宅にお見えになりました。

要件は公庫からの入金についてでした。

銀行の中では
支店長「おい、貧乏サラリーマンの口座に公庫から大きな入金があるぞ。確認してこい。」
支店長補佐「はいっ。」
って感じの会話がなされているのでしょうか。


「また次のアパートのご購入の際にはご融資させてください」とのことでした。
(そんなに簡単には融資いただけるとは思っていませんがー。)

今まで知らなかった世界がどんどん明らかになってきていく楽しい毎日です。


今年こそ1棟を。クリックで応援をよろしくお願い致します。

自宅登記簿の提出

抵当権のついた自宅登記簿を公庫へ提出してきました。
あとは融資を実行していただくだけです。

融資実行が残金支払日まで間に合わないのではないかと
ドキドキしていましたが、どうやら間に合いそうです。


これで山場は乗り越えました。

会社をズル休みすることなく、夏期休暇とシフト制の勤務外時間を使って
無事に一連の契約を終えることができそうです。



今回、物件を無事購入できたのは、
1. たまたま物件を紹介いただけたのがちょうど夏場で
会社へ夏期休暇申請していた日と重なっていた。
2. 妻がたまたま育児休業期間中だった。

という偶然に助けられた感じがします。

# 妻には必要な書類を取りに行ってもらったり、電話番をしてもらったりと
# 平日昼間自由に動けない私の手足になってくれました。


ここで、
「こんなんじゃ、2棟目の購入はおぼつかないなぁ。」
と思ってはいけませんよね。


「偶然も私の味方をしてくれている。次も奇跡が起きてくれる。」
と思うようにします。



今年こそ1棟を。クリックで応援をよろしくお願い致します。

自宅への抵当権が登記されました。

無事、同僚と勤務シフトを代わってもらうことができました。
第一関門突破です。

おかげで、妻(保証人)と一緒に公庫を訪問することができました。
司法書士さんは公庫に紹介していただけましたので
そこへ共同担保物件(自宅)への抵当権設定を依頼しました。


売買契約完了(変更登記)日は、
事前に申請してあった夏期休暇の日を日にち変更せずに充てることにしました。
(原則夏期休暇の一度申請したら変更できないため)

そのためには、かなりタイトなスケジュールで進まなければなりません。

自宅への抵当権設定は間に合いました。
あとは関係書類を公庫へ提出して、
公庫からの融資実行を待ちます。それが1日でも遅れたりすると
売買契約完了予定日(=夏期休暇取得日)に間に合いません。


そうなれば、売主さんと不動産会社さんと司法書士さんに
契約日(=残金支払日)変更していただいて、
後日仮病を使って会社を休むしかありません。


また、公庫や、不動産屋さんからや、司法書士事務所から
勤務時間中にも私のケータイへジャンジャン電話がかかってきます。

「不審行動を取っているな」と目を付けられているかもしれません。
入社以来最大のピンチ(クライマックス?)です。


不動産投資が見つかり咎められることがあるかもしれません。


でも、そうなれば開き直って堂々とするつもりです。
今後物件を増やしているときにその方が楽かもしれません。

もし会社をクビにしていただけたら
不動産会社へ転職してみたいと考えています。
(そっちの道にも面白そうな展開が待っている気がします。)


緊迫のドッキドキの日々が続きます。


今年こそ1棟を。クリックで応援をよろしくお願い致します。

 | HOME |  »

Calendar

06 | 2010-07 | 08
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Appendix

百万石大家

百万石大家

 加賀藩の大きな米蔵があった小さなまちに住んでいます。アパート1棟(9戸)+区分所有1戸。稼働率100万石%で頑張ります。
 有給なんて取得できない(平日に金融機関をまわることができない)中小企業の間接部門勤務のため、まずは自営業への転身を図ります。